Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

つんつん・でれでれ

日々のあったことや考えをつらつらと書いていきたいな。

幸せの感じ方

十人十色。
幸せの感じ方はある。

私にとっての幸せは、美味しいものをいただくことだろうか。
美味しい顔をしていただけるものは、世の中に多そうで多くないかもしれない。
肥え太った舌は、何を美味しく感じるかを取捨選択している。
湿度温度、体調含めて味覚に与える影響はその時の精神状態も考慮すべきである。
いかに美味しいものが目の前にあっても、美味しく感じられない場合もある。
嫌な空気で食事をする場合があるならば、
嫌な空気をだはして楽しい空気のもとで食事を行いたい。

1年間365日3食で、1095回。
1095回のうち、美味しくいただける回数が多いほど幸せなな時間を過ごしていると思う。

ヒトによって、幸せと思うものは違うのかもしれない。
幸せを与えること。
幸せを自分から掴む。
いろいろな主観を持って「幸せ」を感じることができるであろう。

そういえば、明石家さんまさんが出ているCMで「幸せ〜ってなんだっけ、なんだっけ。♪」というのがあった。
この場合の幸せは、ポン酢醤油がある家だった。

やはり、美味しいものをいただいて幸せを感じよう。

Remove all ads