つんつん・でれでれ

日々のあったことや考えをつらつらと書いていきたいな。

光電話

昨日、マンションの計画停電があった。

共有部分の電気が停電との連絡を数週間前にポストにお知らせが入っていた。

この手の計画停電は、インフラのお仕事をしていた時は、きっちりとマニュアルを作成してテストも実施し、

いざ本番でもそのマニュアル通りに手順を行うということが普通だったりした。

いざという時のためのコンチプランなどもクリティカルポイント毎にもうけるのだが。

ここのマンションの管理自体が最近の主流に乗り、下請けに出されてからこの手のマニュアルを無視したというか

気にしない体制になっているように感じて仕方がない。

先週末に東京近郊であった地震で、エレベーターの電源が落ちて動かなくなっていたが、館内放送をしてはいたが、廊下などにいれば聞こえるが敷地を歩いたりしていると聞こえなかったりする。

お知らせ一つ貼ったり、管理センターの方は何人か常駐しているので、エレベーターの前で説明をしても良かったように感じる。

脱線したが、今回の表題にもあるように「光電話」あるが、

計画停電後にうちの光電話のVDSLモデムがアラートの点滅を朝から発していた。

いつも通りに、モデムのケーブルを抜いて、電源を抜き、ルーターので入れ直したが、モデムのアラートの点滅はおさまらない。

同じ作業を何時も繰り返したが、おさまらず。

仕方なく、NTTの光電話の故障サービスに電話を行った。

担当者に状況を説明し、うちまでのPingを打っているみたいだが

その前のマンションの集合装置で問題が発生していたのを確認されたので、対策を説明された。

結果、マンションの集合装置のポートが故障して交換したとの連絡票を受け取り、うちの機器の再起動を行い、稼働確認が取れた。

翌朝、再度VDSLモデムがアラートの点滅を発している。

同様の作業を実施するが、問題は改善されず、、、

朝の9時を待って、NTTの光電話故障サービスに電話連絡。

担当の方とお話をしながら、うちのモデムだけが問題ということが判明。

担当の方のマニュアルを元に再起動を行うと(同様の手順は、自分でも実施ずみではあった)、稼働確認が取れた。

レンタル品のポートが死んでいる話やこれまでの故障連絡の話を含め、担当者に話していると新しい機器と交換してもらえる運びとなった。

夕方に荷物が届き、届いた機器と交換を実施した。

今現在、問題が発生せずに稼働している。

交換対象:

RT200NE → RT400NE2

VH100-3ES → VH1004ES

因みに、電源アダプターはなぜあんなに大きくて重いのだろうか。

今回の交換対象の電源アダプターは、大きさは大きいままだが、中身は軽くなったみたいだ。

Remove all ads