つんつん・でれでれ

日々のあったことや考えをつらつらと書いていきたいな。

MBA の 事前準備の備忘録

□Lion復旧ディスクアシスタントでLionリカバリーUSBメモリを作る

 http://support.apple.com/kb/DL1433?viewlocale=ja_JP

 購入したMacがLion入りの場合、上記URLから、

 Lion復旧ディスクアシスタントをダウンロードして、

 Lion起動ディスクを作成します。

 LionのRecovery領域のUSBメモリ版を作ります。

 OS自体は入ってないのでデータサイズは1GB以下。

 Appleでは容量1GB以上のUSBメモリ推奨ですが、意外とUSBメモリなんて最近持っていないものです。SDカードリーダー経由で作成しました。

□Mountain Lion のインストーラの作成方法

SDカードにインストーラを作成します。

1.AppStoreよりMountain Lionを購入して、1度インストールを取りやめます。

2.アプリケーションフォルダーにある「OS X Mountain Lion インストール」を右クリックして、「パッケージの内容を表示」を選択します。

3.パッケージを展開して

 「OS X Mountain Lion インストール」→「Contents」→「SharedSupport」

→「InstallESD.dmg」というディスクイメージを右クリックして、

 「このアプリケーションで開く」→「ディスクユーティリティ」を選択します。

4.「InstallESD.dmg」をダブルクリックして、

 ディスクイメージをデスクトップにマウントします。

5. SDカードを起動ディスクとして使用するため、「GUIDパーティションテーブル」 にします。

 SDカードやUSBメモリーを選択した状態で、

  「パーティション」タブをクリックして「パーティションのレイアウト」を

  「現在の設定」から「1パーティション」に変更します。

   下部にある「オプション」ボタンをクリック

  「GUIDパーティションテーブル」を選択し、「OK」ボタンを押します。

   パーティションの作成画面に戻るので「適用」ボタンをクリック

   ダイアログで「パーティション」ボタンをクリック

   パーティションマップを変更できる。

   ※SDカードのすべてのデータが消去されるので注意。

6.マウントしたディスクイメージをSDカードに復元

「復元」タブをクリック

「ソース」に「Mac OS X Install ESD」

「復元先」にSDカードのボリューム

「復元」ボタンをクリック

インストーラが復元されるまでしばし待つ。

7.「システム環境設定」アプリの「起動ディスク」パネルで

  インストールSDカードを選んで再起動すれば終わりです。

Remove all ads