つんつん・でれでれ

日々のあったことや考えをつらつらと書いていきたいな。

kobo touch

kobo touchが到着して1週間が経とうとしている。

kobo touch 本体だけで、到着後すぐに使うことができずに、手持ちのPCにKobo Desktopをインストール後使用しなければならなかった。

AmazonのKindleKindle Fireを持っていると、到着後すぐに使えないことの歯痒さを覚えた上に、PCを起動してkoboを接続してドライバーやアップデートなどが面倒に思えた。

何とか、設定が完了したので、Explorerを開いて内蔵メモリに手持ちのPDFをコピーをしてみるが、本棚に現れず。

koboの設定を見つけて、自宅の無線LANに接続し本を購入しようとするも

ダウンロードできず。

仕方なく、再度koboとPCを接続してアプリケーションから、芥川龍之介宮沢賢治などの青空文庫をダウンロードして同期。

このあと、やっと先ほどコピーしたPDFをkobo本体で確認することができた。

PDFを確認することができたので、

koboで閲覧しようとするが、

タッチパネルの反応が鈍く使い続けるのは、ストレスを覚える。

ダウンロードした青空文庫を読もうとするが、表紙がすべて【青空文庫】であるため読みたい本を探すのも不便であった。

とりあえず、青空文庫を開き読もうとするが、ページめくりの反応が悪い。

ということで、ファームアップがくるまで今しばらくの使用を止めてしまった。

他のkoboに関するレビューを読んでいると、みなさん大変みたいである。

まだ、ハードリセットをしていないだけましかなぁ。

Amazonからの新しいkindleを待つしかないか。

Remove all ads